Michael Bolduc
無料メルマガ・コーチング
マイケル来日セミナー開催決定!




スポンサードリンク

『リミティング・ビリーフ』

マイケルがコーチングで行う重要なことの一つは、クライアントのゴール達成の障害となっている

『リミティング・ビリーフ』( Limiting belief=自分を制限する思い込み)

を破壊することです。


人は過去の知識や経験から自分の限界を勝手に決めてしまいます。本当は限りない可能性があるにも関わらず、自分にはできるはずがないと思い込む傾向があるのです。


スキルだけを学べば小さな成功は得られますが、あなたが持つ本来の可能性を最大限に発揮して、その潜在能力にふさわしい大きな成功を得るためには、リミティング・ビリーフを破壊することが欠かせません。


では、日常生活でリミティング・ビリーフを壊し、あなたの心と行動の幅を広げる方法は何でしょうか?


それは【新しい経験をすること】です。

新しい行動をしたり、新しい人と出会ったり、新しい知識を得たり、新しい経験をすることが、あなたの幅を広げてくれます。


全く予想もできなかったような経験が良いですね。

そうするとあなたは混乱するでしょう。


アンソニーのセミナーでは数千人の参加者が見守る中、一人の参加者(または一組のカップルなど)に対して、セッションを行ってトラウマを解決したりします。


その際に参加者が「混乱しています」などというと、アンソニーが全員に向かってこう言います。

 "She is confusing 〜〜〜〜〜!"(彼女は混乱しているぞ〜〜〜〜!)


そして会場全体が大きな拍手と喝采に包まれます。
混乱は自分の考えの枠を壊して成長するチャンスだと皆が理解しているからです。


意識的に新しい体験をして自分自身を混乱させ、リミティング・ビリーフを破壊することで、心と行動の幅を一層広げて行きましょう。

成功者をモデリングする

皆さんこんにちは。

3月もそろそろ終盤に差し掛かり、そろそろ新しい年度を迎えつつあります。

皆さんは今年立てた目標に向かって着実に歩んでいるでしょうか?

無目的にただ動いても目標には到達できません。

大きな目標を立てている人はなおさらではないでしょうか?

大きな目標を達成させるには、まず小さな目標に細分化(チャンクダウン)して、

その小さな目標を達成させることで得られる「成功体験」を味わうことにより、

また次の目標へとモチベーションがシフトしていきます。

少なからず、皆さんはこのような「成功体験」を持っているわけですが、

もっと早くこの成功体験を得られることができたら、どうなるでしょうか?

そのヒントを今回のサクセスチップでは教えてくれます。

マイケルが体験してきたヒントとはなんでしょうか?

それではどうぞ!





あなたがゴールを設定し達成する能力は、
人生で学ぶことができる他のどんなスキルよりも、
あなたの成功と幸せを決定づけるものだ。

もし、2007年の全てのゴールを達成する方法を、
私があなたに教えることができるとしたら、
あなたはきっと興味を持たれることだろう。

成功までのプロセスを、非常に簡単にしてしまう
私の無敗の秘訣をあなたにお教えしよう。

それは『成功者をモデリングすること』である。

私は成功スキルを学ぶために25,000ドル以上
(約300万円)を投資したが、ほとんど進歩が
得られなかった。

しかしある日、セミナーで「成功者をモデリングする」
というコンセプトについて解説を受けたとき、
私は自分がなぜ成功しなかったかを明確に理解できた。

---------------------------------------------------
*訳者補足
モデリングとは、ある結果をコンスタントに得ている人の
方法を模倣して、自分も同じ結果を出すことです。
---------------------------------------------------

そのとき私は「成功するには3つの選択肢しかない」と学んだ

1.成功者をモデリングしてコーチングを受ける

2.独自に懸命な試行錯誤を繰り返して、
  ストレスを溜めて時間を浪費する

3.真剣になることすらなく、ただ単に続ける
  (この人は何もマスターすることがない)

あなたはいまどの道を歩んでいるだろうか?

それまでの私は2番目の道を歩んでいた。
私は常にストレスを溜め、時間を浪費していた。

セミナーで学んで明確に理解できたことは、
一番短時間で、そして最も簡単に成功する方法は、
成功者をモデリングするということだ。

この概念だけでも人生を一変させるパワーを持つ。
私自身がその生きる証だ。

このアイデアを人生に適用し始めた当初、
私は仕事もなく経済的に破綻していた・・・。

私がどのようにして、成功者のモデリングという
偉大なアイデアを用いたかをお伝えしよう。

私は当時、成功者との面識などほとんどなかった。
しかし、知人の中で、画期的な方法を用いて
多くのお金を稼いでいる男を一人知っていた。

私は彼に教えを乞った。
彼のために1ヶ月間無報酬で働き、
彼は私に画期的な方法の全てを教えてくれた。

そして、私は1ヶ月以内に職を得ることができ、
月に4,000ドル(約42万円)を稼げるようになった。

その時、私はこう思った。
「これ(モデリング)は本当に簡単だ。」

次に取った行動はこうだ。

私が抱えているのと同じ課題を過去に持っていて、
それを既に克服したことがある人々をモデリングして、
自分の課題を解決したいと思った。

当時の私が持っていた、
成功を阻害する課題は以下の通りだ。

1.フォーカス(集中)の欠如
2.モチベーションの欠如
3.先延ばし癖
4.計画性の欠如
5.感情のコントロールの欠如

私は、自分がこれらの課題を乗り越えて
マッシブ・アクション(大量の行動)を
起こすことができれば、数多くの成功を
得ることができると信じていた。

だから、私は自分の経済的に可能な範囲で、
最高かつ適切なコーチを探し、
彼を3ヶ月間モデリングし続けた

コーチングには2,100ドル(約24万円)かかったが、
わずか60日で私の月収は4,000ドル(約42万円)から
24,000千ドル(約270万円)になった。

あなたにも、成功者をモデリングすることの
素晴らしいパワーを感じて頂けただろうか?

この方法は健康やダイエットにも利用可能だろうか?

もちろんである!

私の悩みは普通の人とは逆で、体重が非常に少なかったことだ。
わずか140ポンド(約63キロ)しかなかったのだ。

そして、私の恋人、友人、そして兄弟たちは、
私の体が貧弱なことを、いつもからかってきたものだ。

そこで私はジムに行き、一番大きくて
筋骨隆々の人に声をかけて尋ねた。

「私に筋肉の付け方を1ヶ月間教えて欲しいのですが、
 いくらお支払いすれば協力して頂けますか?」

彼は私を「自分の翼の下に入れてくれた」ので、
私は3ヶ月で140ポンド(約63キロ)から
177ポンド(80キロ)になることができた。

モデリングは信頼できるスキルである。
そして、あなたにもモデリングは効果を発揮する。

私が成功者をモデリングして得られた、
それ以外の結果についてもお伝えしておこう。

- 株式投資で月間20パーセントの
 リターンを得ることができた

- インターネットビジネスを自動化して
 収入を得ることができた

- コーチングビジネスを成功させ、
 業界のトップ1%に加わることができた

- 人材ビジネスを起こして成功させることができた

あなたがゴールを設定し達成する能力は、
人生で学ぶことができる他のどんなスキルよりも
あなたの成功と幸せを決定づける。

そして、モデリングはその大きな鍵となるなのだ。

Success is yours

Michael Bolduc
Peak Performance Coach



いかがだったでしょうか?

皆さんの周りに参考となる「モデリング」はいますか?

自分の目指している人物でもいいですし、あるいは身近にいる人でもいいと思います。

自分がこうなりたい、理想像を思い描いてみてください。

その人の立ち振る舞い、もしその人だったらこう行動するだろうなと思って生活してみてください。

少しづつ変化が起きてくると思います。。

サクセスチップ「実行力」

皆さんこんにちは。

このBlogを読んで頂いている方は向上心がある方が多いと思います。

今まで色々なセミナーやスクール、コーチングなど勉強されそして実践されていると思います。

なかには実践されて結果が伴わないという方もいらっしゃるかもしれません。

なかなか結果が出ないと、勉強しても意味がないのではないのかと怪訝して勉強を辞めてしまう方もいるかもしれません。

では、それをどうしたらプラスの方向に持っていくことができるでしょうか?

今回は、そんな視点からサクセスチップを見て行きます。。

では、どうぞ!





今日は一般的によく聞かれる言葉、「実行してみたけど変わりません」について考えよう。

この言葉が含んでいる問題は、本やセミナーから学んだことを実践して結果がでない状態を繰り返していると、

「こんなものは意味がない」

とか、

「セミナーは結果が出ない」

と思って、『自らの可能性とチャンスを小さくしてしまう』ことだ。

そして、成功する人はさらに成功し、成功しない人はいつまでも成功しないということになる。

だから、あなたは早く何かで結果を出すことが重要だ。

この両者の本質的な違いは何かを探求することに、私は長年情熱を燃やしてきた。

その真実をあなたにお伝えしよう。

結果が出ずにあきらめてしまう人に共通するのは、結果が出ない状態に「痛み」を感じていることだ。

「本には3日で結果がでると書いてあった」

「あの講師はすぐに結果を出したと聞いた」

という情報と比較して、結果が出せない自分を裁いてしまうのだ。

それは日増しに大きな痛みとなる。

痛みを行動の原動力とすることは有効なことが多い。

しかし、上記の考えはあまり有効とはいえない。

なぜなら、自己変革に関する深い真実を理解していないからだ。

あなたの価値ある目標を達成するのに、3日という時間は適切だろうか?

もしそうなら、あなたが設定した目標は、あなたの可能性よりもはるかに小さすぎるのかもしれない。

物事を変革するには時間が必要なのだ。

その変革のプロセスの中にこそ喜びと成功があるとも言える。

プロセスを痛みと感じるか喜びと感じるかで結果は全く違ってくる。

プロセスに痛みを感じる人は、一度は目標を達成できたとしても、その痛みの記憶が次のチャレンジに向かうことを躊躇させるだろう。

一方、プロセスに喜びを感じる人は、次々と新しい目標を設定してチャレンジし続けるだろう。

このことを理解した上で、変革に必要な時間を縮めるよう努力しよう。

あなたはインカンテーションを毎日行うだろう。

トラッキングシステムで測定頻度を高めるだろう。

インカンテーションは1日どれだけの時間行うのが適切だっただろうか?(※)

あなたのゴール達成を飛躍的に短縮させることは容易だ。

しかし、変革を継続させるためには、結果が得られない状態に痛みを感じるのでなく、プロセスに喜びを感じなくてはならないのだ。


Success is yours!

Michael Bolduc
Peak performance coach



さて、今回のサクセスチップいかがだったでしょうか?

プロセスを痛みと感じるのか、喜びと感じるのか

その”感情”の作り方で、継続していけるか否か

そして、得たい結果を得られるか否かに繋がってくのだと思います。

みなさんは”感情”に振り回されていますか?

それとも”感情”をコントロールしていますか?




max

目標設定のための『絶対的な理由』

皆さんこんにちは!


さて2月に入り、はや1週間が過ぎましたが、今年始めに掲げた目標にそった生活はできているでしょうか?

以前のBlogにも書きましたが、目標を設定し、

その目標を達成させるための『絶対的な理由』があるとより早く到達できます。


つまり自分にとっての”Big Why”


を持ってみてはいかがでしょうか?


さて、早速マイケルのサクセスチップを始めていきます。

どうぞ!





今年の目標設定には、既にコミットできただろうか。

もし、まだコミットできていない場合は、
前回ご紹介した「痛み」と「快楽」を引き起こす質問で、
自分の中に『絶対的な理由』を必ず作り出して欲しい。

何度でも繰り返すが、この点は真に重要だと理解して欲しい。
目標にコミットできていないままの状態で一歩を踏み出しても

将来目標を変更しなければならない可能性が高いからだ。

さて、ゴールにコミットできたら、
次にあなたに必要とされるのは何だろうか?

学ぶこと。それも大事だ。
しかし、『知識は潜在的パワー』であり、
あなたに実際の成功をもたらさない。

では実際に人を成功に導くパワーは何だろうか?

私は過去10年以上にわたってこう自問してきた。

「本やセミナーから価値あるものを学んで、
 成功する人としない人がいるのはなぜだろうか?」

「成功する人としない人を分ける真の違いはなんだろうか?」

実際の成功を生み出すために必要なもの。
それは『行動』である。
それも圧倒的な行動(Massive Action)だ!

圧倒的な行動を生み出すために、どうすれば良いだろうか?
それはあなたの『スタンダード(基準)を高めること』である


あなたの人生をより高いレベルに引き上げる唯一の方法は、
この『基準を高めること』なのだ。

これまでと同じ行動を取り続けても、、
あなたがゴールに到達することはありえないだろう。

あなたが高い基準を持ち、十分な行動を取ってはじめて、
高いゴールに近づいていくことができるのだ。

目標にコミットし、高い基準を持って、
圧倒的な行動を起こすことにコミットして欲しい。

あなたがこれから学ぶ多くの成功技術は、
これらの基盤があってはじめて現実の成功を生み出すのだ。

逆に、コミットメントと高い基準という基盤がなければ、
あなたが学ぶ知識は潜在的パワーで終わってしまうだろう。

Success is yours,

Michael Bolduc
Peak Performance Coach







今日はいかがだったでしょうか?


目標を掲げたけれど、その目標に対する”Big Why”が見つからない

というかたもいらっしゃるかもしれません。


もしかしたら、その目標は本当に成し遂げたい目標ではなく

他に目標があるかもしれませんね。

もう一度その目標を成し遂げたい『絶対的な理由』を見直してみてください。

何故、その目標を作ったのか・・・

どうしてそれを達成させなければいけないのか

それを達成させたときの「快楽」は何ですか?

それを達成できなかったときの「痛み」は何ですか?






max

サクセスチップ【年初の目標を再度コミットする】

皆さんこんにちは!

昨日から始まりました

マイケル・ボルダックのサクセスチップ

いかがでしょうか?

年の初めに目標を立ててもその90%は2月で諦めてしまっています。

皆さんはどうですか?

10%の中に残るヒントをマイケル・ボルダックは教えてくれました。

忘れてしまった方は、もう一度読み返してみてくださいね^^


思い出すことによって、脳に強くインプットされます


今回のサクセスチップは


【年初の目標を再度コミットする】


です。


成功するための普遍の法則が

『コミットメント』


皆さんは今までの人生の中で『コミットメント』した経験はありますか?

ちょっと思い出してみてくださいね。。

では早速いってみましょう!





正しい方法を用いて十分な行動をすれば、
2007年にあなたの夢は必ず達成することができる。

ゴールを効果的に達成するために
感情のパワーを高めよう。
感情こそが「コミットメント
(絶対的な決断)」を生み出す。

ここでまた前回の質問を思い出そう。

「私は2007年を、これまでの人生で
 最高の1年にすることを、
 本当に決断しているだろうか?」

「なぜ私は2007年に今よりもっと
 成功することを決断するのだろうか?」

「その決断は私に何をもたらすだろうか?」

繰り返しになるが、コミットした状態を
作り出すことが最初に何よりも重要だ。

もし完全にコミットした状態を作り出せれば、
あたなのゴールは50%達成されたも同然だ。

残りの50%は正しいスキルと戦略だ。
スキルと戦略は学ぶことができる。

この点は、繰り返しても繰り返し過ぎることはない。
2007年のあなたのゴール達成の報告を
心から楽しみに待っている。

Success is yours,

Michael Bolduc





マイケル・ボルダックも言っていましたね

『コミットメント』した状態を作り出せば

目標は50%達成されたも同然


コミットメント=絶対的な決断


皆さんは持っていますか?


決断しなければならない”理由”があると

いいかもしれません


もう一度、自分にとってのコミットメントを創ってみてください




1年を振り返ったとき、

あのときの決断が自分を変えたと思える日がくるかもしれません


max
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。